loading...

●医学は“死に神”、病院は“死の教会”

「現代医学の神は“死に神”であり、病院は“死の教会”である」
これは、アメリカで良心の医師と称えられたロバート・メンデルソン博士の痛切な指摘です。
つまり、現代医学は、患者を救うのではなく、大量殺戮している……と、現役の医師が告発しているのです。
彼は、その証拠もあげます。
「イスラエルで病院がストライキをしたら、同国の死亡率は半減した。ストが解除されたら、死亡率は元にもどった。病院はストを続けるべきである。永遠に……」(同博士)
博士は、こうも断言します。
「……現代医学で評価できるのは一割の救命医療のみ。九割を占める医療は、慢性病には無力である。治すどころか悪化させ、死なせている」
そして、こう結論づけるのです。
「……地上から九割の医療が消え失せれば、人類はまちがいなく健康になれる。それは私の確信である」

●「クスリが病気を治す」は大まちがい

アメリカの死亡原因のトップは“病院”です。
現代の病院は、患者を治す所ではなく、“殺す”場所になっているのです。
いわば、有料人間屠殺場です。医者や看護士は、さしずめ、屠殺場で働く白衣の職員です。つまり、現代医学は、“死に神”に乗っ取られている。
その最大の過ちが、薬物療法です。現代医学は、まさにクスリ漬けです。
そして、医者も患者も「クスリが病気を治す」と信じ込んでいます。
これは、トンデモナイまちがいです。
つまり、現代医学の根幹、薬物療法そのものが、まちがいだらけなのです。

●“体毒”+“薬毒”で病気は悪化

そもそも、病気の原因とはなんでしょう?
西洋医学は、こんな簡単な質問にも答えられません。
東洋医学の学者は、明快に答えます。
「病気は、“体毒”から生ずる」
これが正解です。“体毒”は口の毒と、心の毒の二つがあります。前者は過食、後者は苦悩です。いずれも、毒素として病気の原因になります。
現代医学の医者たちは、病人にクスリを大量に与えます。
「クスリは、本来“毒”である」
これは、医者ですら認めています。つまり、現代医学は、“体毒”で病気になった患者に、“薬毒”を加えているのです。
つまり――“体毒”+“薬毒”で、毒は二倍になります。
これでは、病気は治るどころか、ひどくなる。幼い子どもでもわかります。
しかし、医者は、まったくこの恐ろしい真実に気づいていない。

以上のメカニズムに気づけば、病気を治す方法もすぐに分かるはずです。
つまり 体内にたまった“体毒”を抜けばいい。つまりは、断食(ファスティング)です。食事(インプット)を絶ち、排泄(アウトプット)のみにすればよい。
そうすれば、身体は排毒で自己浄化され、理想の状態となります。
病気が消え失せるのもあたりまえです。

●毒物反射、逆症療法、薬物耐性、

薬物療法には、さらに四つの問題があります。

(1)毒物反射:クスリは“毒”である。つまり、クスリの“効能”とは、毒物反射に過ぎない。ある“毒”を投与したら、生体はその“毒”に反射して血圧が低下した。まさに、毒物ショック反応です。ところが、製薬メーカーは「血圧が下がった!」と喜ぶのです。そして、この“毒”を「降圧剤」で販売し、ボロ儲けする。
つまりは、“毒”を売って、巨大利益を得る……。これが、現代医学の正体なのです。
(2)逆症療法:「病気」をすると「症状」現れます。
風邪という「病気」になると、「発熱」「咳」「下痢」などの「症状」が出ます。
これらは、風邪を治すため自然治癒力が起こした「治癒反応」です。
ところが西洋医学は、これらを各々「病気」と勘違いして、解熱剤、鎮咳剤、下痢止めなどの薬剤を投与します。こうして、治癒反応を止めるため、これを逆症療法と呼びます。 治ろうとする「命の振り子」を止めてしまう。だから、病気は慢性化、悪性化するのです。
(3)薬物耐性:人間の身体も抵抗力があります。同じ刺激を受け続けると、それに耐性を示します。薬物療法という毒物に対しても、身体は必死で抵抗します。
つまり、耐性を獲得する。すると、クスリは“効かなく”なる。
だから、投与量を増やす……つまり、体内に注がれる毒物の量が増えていく。
“体毒”は、さらに増え続け……病気はさらに悪化していく……という悪循環です。

(4)薬物依存:これは、薬物療法の末期症状です。人間の体内に“薬毒”を注ぎ込んでいくと、身体は、その“薬毒”が体内に存在している状態を、“正常”と誤認します。
こうして、辛うじて生命活動を維持するのです。
ところが、薬物が切れると……身体は、異常事態だとかんちがいして、苦痛、苦悶などに襲われます。これが、薬物の診断症状です。
麻薬やドラッグ中毒患者が、どうしても抜け出せないのは、この禁断症状のためなのです。現代医学の薬物療法は、この薬物中毒ジャンキーを大量生産しているのと同じなのです。

――以上。子どもでも分かるリクツです。

しかし、現代医学の学者たち、この根本的な誤りを絶対に認めない。
それは、彼らの面子と死活問題だからです。
あなたは、現代医学もボイコットすべきです。

TOP